2010年05月13日

物置に女性遺体、遺棄容疑で前夫を逮捕(読売新聞)

 静岡県御殿場市萩原の民家の物置で、同県伊豆の国市中、職業不詳久松紘子さん(当時25)の遺体が見つかった死体遺棄事件で、県警は8日、久松さんの前夫で、同県清水町久米田、リフォーム業桑田一也被告(43)(詐欺罪で起訴済み)を死体遺棄の疑いで逮捕した。

 発表によると、桑田被告は今年2月下旬から3月上旬にかけて、久松さんの遺体を発見現場の民家の物置に遺棄した疑い。桑田被告は「人目につかないように隠した」などと供述し、容疑を認めているという。

 調べに対し、桑田被告は「(久松さんの)首を手で締めて殺害した。生活費などについてトラブルがあった」と話しており、県警は殺人容疑でも追及する方針。

 桑田被告は昨年、久松さんと結婚し、今年3月に離婚していた。

普天間問題 首相発言詳報(産経新聞)
ワカメ産地偽装で前社長を逮捕=中国産を「鳴門産」−徳島県警(時事通信)
全裸男性「局部」犬が舐め回す 「メンズエッグ」写真記事を謝罪(J-CASTニュース)
「首相発言軽すぎる」=普天間未決着なら進退問う−改革・舛添氏(時事通信)
2010年度診療報酬改定で中小病院は?(医療介護CBニュース)
posted by イワイ タダユキ at 19:24| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

全国学力テスト 抽出方式「反対」9割(産経新聞)

【私も言いたい】

 今回のテーマ「全国学力テスト」について、4日までに662人(男性532人、女性130人)から回答がありました。「抽出方式を採用すべきではない」が9割に達し、「全員参加方式は序列化を招く」は約2割、「参加を各校の判断に委ねるべき」は2割弱にとどまりました。

 (1)抽出方式を採用すべきと思うか

 YES→10%、NO→90%

 (2)全員参加方式は序列化を招くと思うか

 YES→23%、NO→77%

 (3)参加を各校の判断に委ねるべきと思うか

 YES→17%、NO→83%

 ◯現場を混乱させるな

 神奈川・男性自営業(52)「抽出方式に賛成。データ重視なので、無作為抽出で選ばれた学校のみで実施し、経費を削減すべきだ。統計学の見地から各県10校程度、合計で500校程度で十分だと思う」

 大阪・女性会社員(40)「学力テスト向けの勉強をしている学校もあると聞く。それでは本当の学力とはいえない」

 千葉・男性会社員(46)「必要以上に強制しなくても、7割が参加するということが学力テストの必要性の浸透ぶりを物語っている。今のやり方で十分」

 島根・男性自営業(26)「全国学力テストが学習指導要領の結果を試すためならば、抽出方式を採用するだけで十分」

 福井・男性自営業(61)「教育は、その地域に合った考え方で行えばいい。強制して参加しても何のためにもならない」

 神奈川・男性教師(48)「学力テストの結果で学力の上下を知りたいのなら、全国を対象する必要はなく抽出校だけで十分。今さら来年度から全国実施となれば現場は混乱するだけだ」

 ●「平等の精神」はき違え

 北海道・男性無職(59)「そもそも、学力テストの意味は何だったのか。学力調査が目的ではなかったのでは。それならば全国一斉に行わなければ意味がない」

 東京・男性会社員(34)「学力テストは全校で実施すべき。人間の成長には切磋琢磨(せつさたくま)や競争という刺激が必要だ。平等の精神の意味をはき違えた現在の義務教育は、生徒の学力低下だけでなく国力の低下をもたらす」

 滋賀・主婦(34)「全員参加方式に賛成だ。序列化されて何が悪いのか? 教師の指導力のなさを隠すための言い訳にしか聞こえない。学校の実力を知ることは、進学に際しての判断材料になる」

 大阪・男性自営業(60)「私たちは昔から全国一斉だったが、別に問題はなかったと思う」

 鹿児島・男性無職(54)「抽出方式に反対。序列を生じさせるのは大人や教育者であり、子供の学力向上には無関係。しっかりした教育と道徳教育は国家の基線(基準)として実施すべきだ」

 神奈川・男性自営業(36)「なぜ全国学力テストを一律に実施することが問題なのか。反対している団体は国力を弱めようとしているとしか思えない」

 【学力テスト】 今年度で4回目。昨年度までは全国を対象にした「全員参加方式」だったが、今年度は30.7%(9979校、約73万8000人)の児童・生徒を抽出する方式を採用。結果的に、抽出組と自主的な判断で参加した児童・生徒の合計は、全体の73.5%、約162万5000人に達した。

 抽出組は国が採点・集計し、データ化する。しかし、自主参加組は自治体や各学校に終了後の業務が委ねられているため、採点基準がまちまちになったり、業務に伴う金銭的な負担増が懸念されている。

【関連記事】
イマージョン教育 「自然」な英語環境を維持する努力
全国学力テストから検証 新学習指導要領、効果は?
学力テスト「抽出方式」や科目・学年見直しも
新聞記事や割引券…実用的学力重視 学力テスト
全校決断、財政不足、知事方針…学力テスト抽出漏れ対応さまざま
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

<口蹄疫>人、車両での伝播の可能性示す…専門家委委員長(毎日新聞)
全国学力テスト 抽出方式「反対」9割(産経新聞)
大阪ブドウもう一度 大阪・羽曳野・駒ケ谷地区 復権へ耕作放棄地を再生(産経新聞)
<背任容疑>富士ソフト元社員を逮捕 換金目的で架空受注(毎日新聞)
指名手配犯、逃さない! 街頭に光る“眼光”「ミアタリ」 (産経新聞)
posted by イワイ タダユキ at 01:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。