2010年04月23日

摂関時代は寝殿造、初の裏付け 藤原氏の別荘跡(産経新聞)

 京都府宇治市の宇治市街遺跡から、平安時代後期(11世紀中ごろ〜12世紀中ごろ)の回廊跡や池を伴う庭園跡の一部が見つかり、16日、市教委が発表した。藤原氏の別荘とみられ、摂関時代には「寝殿造(しんでんづくり)」だったことが初めて裏付けられた。別荘は巨大な池を挟んで平安京と対峙(たいじ)するように北向きだったことから、当時の上皇などとの権力闘争も背景にうかがわれるという。

 見つかった回廊跡は、幅2.1メートル、長さ8.5メートル。直径30〜40センチの柱穴8つが2つずつ対になって南北に伸びていた。回廊跡の西側には小石敷きの池(深さ0.5メートル)を伴う庭園跡があり、池跡は南北10メートル、東西7メートル分を確認し、さらに広がるという。

 平安京の貴族の邸宅は、寝殿から伸びる2つの回廊の間に、池を伴う庭園を配置する「寝殿造」。今回の回廊跡や庭園跡も同様の配置で、市教委はこの時代に宇治一帯に広大な領地を持っていた藤原氏の別荘と判断した。

 一方、平安京の貴族の邸宅はいずれも南向きであるのに対し、今回見つかった別荘跡は北向きという異例の構造。市教委は、巨椋池(おぐらいけ)や比叡山などが望める景観美を優先したのではないかと推測している。

 京都大学大学院の上原真人教授(歴史考古学)は「藤原一族が別荘地として新たに宇治を都市設計したとみられる貴重な発見。巨椋池の対岸には上皇たちが暮らした鳥羽離宮があり、緊迫関係があったのかもしれない」と話した。

 現地説明会は17日午後1時〜3時。JR奈良線宇治駅から北へ徒歩約2分。

【関連記事】
奈良平城京に日本の源流を見る
奈良・破損した吉野ケ里ガラス管玉の修復完了、返納へ
桜の石舞台古墳 馬子が夢見た桃源郷?
奈良・甘樫丘中腹で塀跡発見、丘の上の蘇我氏邸を示唆?
中大兄皇子と鎌足が出会った「槻の樹の広場」一部か、奈良・飛鳥寺西方遺跡
外国人地方参政権問題に一石

<殺人>小3長男殺害の疑い 自首の母親逮捕、福島・郡山(毎日新聞)
育休の文京区長「母の偉大さ実感」(産経新聞)
金塊7キロなど盗まれる=被害総額2000万円以上−福岡(時事通信)
学校の石綿で公務災害認定へ=死亡教諭に逆転裁決、全国初−滋賀(時事通信)
足利事件 栃木県警が検証結果を遺族に報告(産経新聞)
posted by イワイ タダユキ at 16:32| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

毒ギョーザ事件 中国側と情報交換会議 警察庁、犯行状況の食い違いなど説明求める(産経新聞)

 中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、警察庁は19日、中国警察の中央機関である公安省との幹部級情報交換会議を21、22の両日、東京・霞が関の同庁で開くと発表した。ギョーザ事件をめぐる幹部級の情報交換は、定期協議を含めて6回目。

 中国側は同省物証鑑定センターの王桂強副主任(局長級)をトップに、事件捜査を担当する刑事捜査局の課長クラスや河北省の公安当局者ら約9人が来日予定。日本側は警察庁の金高雅仁刑事局長ら約10人が対応し、捜査状況の説明を求め、今後の捜査協力について話し合う。

 事件をめぐっては、3月26日深夜(日本時間)、中国当局が日本側に呂月庭容疑者の身柄拘束を通知。28日には一部メディアを対象に記者会見を開き、犯行状況を説明しているが、警察庁幹部は「詳細な事実関係については通知を受けていない」という。

 中国側の発表では、呂容疑者は平成19年10月1日と同下旬、同年12月の計3回、ギョーザに注射器でメタミドホスを注入したとされるが、日本で被害を出したギョーザの包装袋には、穴がまったく空いていなかったものもあるほか、被害を出したもう一種類の有機リン系農薬ジクロルボスについてはまったく言及されておらず、犯行状況に食い違いが出ていることから、警察庁は会議で説明を求めるとみられる。

【関連記事】
ギョーザ事件 急転直下の容疑者逮捕でも依然残るナゾ
中国製食品「とにかく怖い」 不安と鬱憤、一気に噴出
毒ギョーザ事件 中国メディアは会見を報道せず
格差拡大 中国の暗部凝縮 ギョーザ中毒事件
メタミドホス、工場で入手 中国公安当局者が会見

<1Q84>発売開始 ファン次々と(毎日新聞)
酒気帯びでタクシーと衝突 運転の男逮捕(産経新聞)
対馬軍事化時代の証し、戦時中の陸軍標石確認(読売新聞)
ネットで教育語ろう 文科省が掲示板設置(産経新聞)
海堂尊氏ブログで名誉棄損 出版社にも賠償命令(産経新聞)
posted by イワイ タダユキ at 05:04| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

<鈴木副文科相>教員人事権移譲に「理念は共有」と評価(毎日新聞)

 大阪府教委の教員人事権を市町に移譲する計画を橋下徹府知事が5市町長と進めていることについて、鈴木寛副文部科学相は8日の会見で、「民主党が言ってきた地方教育行政のあり方と大きくは違ってはいない。基本理念は共有していると思う」と述べ、前向きな評価を示した。

 鈴木副文科相は、現行法でどのようなことが可能か、法律面で詰めの作業が必要としながらも、「私のレベルで申し上げれば、理念、方向は共有している」と述べた。

 文科省によると今年1月、大阪府教委にある教員の人事権、教員定数の決定権、学級編成基準の策定権、給与負担の4点について市町に移譲できないか、大阪府から問い合わせがあった。法律改正が必要な給与負担を除く3点について、移譲が法律の趣旨や目的に沿うか、総務省など関係省庁と協議が続いているという。【本橋和夫】

【関連ニュース】
原子力副読本:小中学生に配布 エネ庁と文科省
高校無償化:特設電話を開設−−文科省
児童虐待:厚労省と文科省が指針策定
高校無償化:「朝鮮学校対象に」 大学教員の会、文科省に992人要請
文科省:キレる児童の指導法を記述 解説書案まとめる

拠点アパートに大量の薬物 覚醒剤密売のイラン人の男3人を逮捕(産経新聞)
プロテカジンに逆流性食道炎の適応追加―大鵬薬品工業
<山崎宇宙飛行士>ISSで野口宇宙飛行士と対面(毎日新聞)
急拡大カーシェアリング 車両管理、安全、防犯に課題(J-CASTニュース)
<駐車場事故>4歳はねられ死亡 小さな姿気づかず 埼玉(毎日新聞)
posted by イワイ タダユキ at 14:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。